レーザー治療・光治療

当院では、米国Candela社のALEX ⅡとGENTLE LASEを用いて、しみ取り治療・脱毛治療を行っております。どちらも熱エネルギーを加えてメラニンの破壊を行うが目的であるため、最初は控えめに照射を行います。一度で治療が完結するわけではなく、数回の照射が必要です。照射後は特に被覆材などは用いませんが、日焼け止めなどはしっかりと使用して頂きます。照射部位に異常が生じた場合は直ちにご連絡ください。

ジェネシス タイタン

Alex2 アレックス2

皮膚良性色素性疾患治療用レーザー装置

ALEX IIの持つ755nmの波長は、ルビーレーザー(波長694nm)に比べ合併症が少なく皮膚深達性にも優れており、SelectivePhotothermolysis(選択的光加熱分解)に基づき、表皮、真皮層内にある過剰なメラニン色素に対して至適で選択的な熱ダメージを与え、破壊します。皮膚良性色素性疾患、外傷性刺青、タトゥーに対して、きめの細かい、より洗練された治療を行うことができます。また、施術中の操作性に優れかつ安定した均一なレーザービームを伝達するのに適したレンズ結合型光ファイバーによる導光方式を採用し、効率良くムラの少ない満足のいく治療結果を得ることができます。

価格:1shot 500円
>>メーカーサイト

GentleLASE LE ジェントルレーズ

皮膚良性色素性疾患・脱毛治療用レーザー装置

黒い毛に存在するメラニン色素に対し選択的に吸収されやすい755nmの波長を持つGENTLE LASEは日本人の黒い毛を効率よく脱毛します。
スポットサイズも従来機種に比べ非常に大きいため、乱反射による光エネルギーのロスが少なくレーザービームはより深部まで到達でき、また大口径のスポットは広範囲のメラニン疾患に対しても大変効率良く治療することが可能です。

価格:ワキ 7,000円より、学割あり。
>>メーカーサイト

ジェネシス

Alex2 アレックス2

皮膚良性色素性疾患治療用レーザー装置

ALEX IIの持つ755nmの波長は、ルビーレーザー(波長694nm)に比べ合併症が少なく皮膚深達性にも優れており、SelectivePhotothermolysis(選択的光加熱分解)に基づき、表皮、真皮層内にある過剰なメラニン色素に対して至適で選択的な熱ダメージを与え、破壊します。皮膚良性色素性疾患、外傷性刺青、タトゥーに対して、きめの細かい、より洗練された治療を行うことができます。また、施術中の操作性に優れかつ安定した均一なレーザービームを伝達するのに適したレンズ結合型光ファイバーによる導光方式を採用し、効率良くムラの少ない満足のいく治療結果を得ることができます。

価格:1shot 500円
>>メーカーサイト

タイタン

GentleLASE LE ジェントルレーズ

皮膚良性色素性疾患・脱毛治療用レーザー装置

黒い毛に存在するメラニン色素に対し選択的に吸収されやすい755nmの波長を持つGENTLE LASEは日本人の黒い毛を効率よく脱毛します。
スポットサイズも従来機種に比べ非常に大きいため、乱反射による光エネルギーのロスが少なくレーザービームはより深部まで到達でき、また大口径のスポットは広範囲のメラニン疾患に対しても大変効率良く治療することが可能です。

価格:ワキ 7,000円より、学割あり。
>>メーカーサイト

ゼオスキンヘルス

真に美しく健やかな肌へ 「ZO SKIN HEALTH」

ZOSKIN HEALTH製品写真

生まれたての赤ちゃんの肌を目指して…

世界で広く知られたスキンヘルスのエキスパート、ドクターオバジが35年以上にわたる研究から誕生させた新たなシステム「ゼオスキンヘルス」は、結果を重視した医療機関向けのスキンケアプログラムです。
シミなどのダメージを受けた諸症状にはハイドロキノン・トレチノインなどの整肌成分を配合した12〜18週間の積極的なプログラムがおすすめです。また、ダウンタイムのないデイリースキンケアまで、お悩みに合わせてご提案いたします。
当院では、長年治療にあたっている専門医がサポートしており個別のご相談も受け付けております。
さらに年に2回のセミナーを開催し、ゼオスキンヘルスの特徴をお伝えしています。

分子整合栄養医学に基づく栄養療法

スリムなスタイルの良い女性が、肌にハリがなかったりしわが多かったりすることがあり、
逆に肌がつやつやしているのは意外にもぽっちゃりした女性が多いことに気が付いたことはありませんか?

スリムなスタイルの良い女性が、肌にハリがなかったりしわが多かったりすることがあり、逆に肌がつやつやしているのは意外にもぽっちゃりした女性が多いことに気が付いたことはありませんか?
これはぽっちゃりした人に脂肪が多くてしわが伸びているわけではありません。こういう人は、皮膚のコラーゲンを作る原料となる栄養成分をきちんと摂取できているからなのです。
例えば、鉄分はコラーゲンを作るのに欠かせない成分ですが、肉類を控えている人や、生理の多い人は貧血気味、鉄不足となり、ハリのない肌となってしまいます。でも不足している鉄分などの栄養分を普段の食事だけから摂取しようとすればカロリー過剰となってしまい、結果的に肥満となってしまいます。太らずに必要な栄養分だけを摂取するためにはどうすればよいのか?分子整合栄養医学はこの問題を解く鍵となる学問です。そして、当院の多久嶋美紀医師はまだ日本では数少ないこの分野の専門医の一人です。
治療方法は、まず血液検査の結果を解析し、その患者さんにとってどの栄養素、あるいはどういう微量元素が不足しているかを調べます。そして、その成分に特化したサプリメントによって不足分を補給し、患者さんがコラーゲンを沢山作ることができる体に変えていきます。多少時間はかかりますが、3ヶ月程度で自分の肌に違いが出てきていることを実感できるようになります。このような体の準備ができていれば、レーザー療法や手術療法をより効果的に行うことができます。
ヒアルロン酸やボトックスは一部分だけなので全体を良くしたい、レーザーを試したことはあるけれど、あまり変化がなかった、こういう方は是非ご相談ください。